ホームこのサイトについてリンクお問い合わせ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PSP Filer 4.9 

リリースしました。
2008/03/18(引用)
version 4.9:MD5=392591FD 8C60AFAF D60AB9C1 10D32B45
 ○filer
  ・ブルガリア語モードを追加した。
  ・ファイル名表示変更機能を追加した。アナログ左右で3段階調節。
  ・アナログ左右キーで、ディレクトリ内のファイルをマークまたは解除する
   機能を廃止した。
  ・RARファイル展開時、ファイル中に書かれた展開メモリサイズを無視する
   ように変更した。PSPのメモリは22MB程度しかないための措置。
  ・サンプリングレートの低いwavファイルを再生すると、音声が乱れていた
   バグを修正した。
ダウンロード
[ 2008/03/19 11:59 ] PSP 自作ソフト | TB(0) | CM(2)

PSP Filer 4.8 

リリースです。
更新内容はこちら(引用です。)
■ハンガリー語モードを追加した。ハンガリー精神。
■RARファイル中のファイルをフォルダと誤認識することがあったバグを修正した。
■暗号化されたRARファイルを開こうとすると落ちていたバグを修正した。
■残メモリが少ない時にRARファイルを開こうとすると落ちていたバグを修正した。
■CFW3.90以降で出現していた、アーカイブファイルを展開するとファイル・フォルダがReadOnly属性になり、変更も削除も出来なくなっていた現象に対応した。
■128バイトより長いファイル名をリネームしようとすると落ちていたバグを修正した。

ダウンロードはこちら

使い方などは以前のバージョンをみてね。

[ 2008/02/20 21:45 ] PSP 自作ソフト | TB(0) | CM(0)

PSP Filer 

filer


みなさんもご存知のとおり、これはとてもすぐれた自作ソフトです。
できることは以下のようなことです。
■ツリー状にファイルを確認できます。
■ファイルのタイムスタンプや属性を変更できます。
■日本語が出ます。
■ISO, CSO, ZIP, RAR の内容確認・展開ができます。
■wav,mp3の再生ができます。
■UMDデバイスのリッピングができます。
■フラッシュメモリの保存・復帰もできます。
■テキストファイルの内容を確認できます。
■バイナリファイルの内容を確認できます。
■BMP,JPEG,PNGファイルの内容を確認できます。
■フラッシュメモリも確認・編集できます。
■ファイル名の変更もできます。

ダウンロードはこちら

導入の仕方
1.50カーネルでやる場合
filerフォルダをms0:/PSP/GAME150に入れます。

3.xxカーネルでやる場合
kernel3フォルダをms0:/PSP/GAMEに入れます。

3.XXカーネル用ではなくて、1.50カーネル用をオススメします。
3.XXカーネル用はいくつかの問題があります。


Filerを使用
いろいろできますが、そのなかでもけっこう使えるものを紹介!

●UMDの吸い取り
これはUMDからISOを取り出すやり方です。
やり方はこちらの記事を参照。
[ 2008/02/14 16:58 ] PSP 自作ソフト | TB(0) | CM(0)

ISOの起動解説 

UMDから吸い取ったISOの起動の仕方を紹介します。

■ISO起動の良いところ

読み込みのスピードが速い

UMDがなくても起動可能(たくさん持ち運べる)

こんなところです、ほかにもいろいろあると思います。

※ただし、自分の持っているUMD以外のデータを持っているのは違法です。

■UMDからISOを吸い出すには

いろんな方法がありますが、ここでは記事にしたこの2つを紹介。

USBSSSでISO吸い取り

FilerでISO吸い取り

■ISOの容量が大きい!

そういう人は圧縮をしてください。

圧縮をすると、いろんな問題が出る可能性があります。
本来あるべきものを消すので、動作が少し遅くなったりします。

(動画や、ストーリーなど、そういうデータ事態に影響はありません。)

圧縮方法はこちら

ISO→CSO圧縮


■ISOまたはCSOの起動方法

これはCFW導入済みPSPが必要です。

CFW導入済みPSPがある場合は、まずMSにフォルダを作成します。

以下のところにISOフォルダを作ってください。

ms0:(リバーブルディスク)
  ├ISO 
  └PSP
   └GAME

ISOフォルダを作ったら、自分が起動したいISO(CSO)ファイルをISOフォルダに入れます。

ms0:(リバーブルディスク)
  ├ISO 
    └~.ISO

そしてPSPのMSから自分が入れたISOを選んで起動します。
iso
iso2


■起動の仕方を変える

起動の仕方にもいろいろあります。

Normal、OE isofs legacy、M33 driver、Sony NP9660の4つがあります。

Normalは何かしらのUMDを入れた状態で起動します。
そのほかはNOUMDで、何もいれなくても起動可能です。

リカバリーモードやVSH MENUでこれらの変更が行えます。

M33 driver、Sony NP9660がおすすめです。

UMDからISOをコピー USBSSS ver 

これはfilerとちがってPCに直接入れるので早いです。

用意するもの

USBSSS

●PSP(CFW導入済み)

●吸い出したいUMD

やり方

①DLしたものを解凍してその中にある%__SCE__USBSSSと__SCE__USBSSSを150GAMEにコピーします。

②USB Special System Storageを起動します。

③PSPをUSBでPCとつないでVirtual FAT16 . UMD ISO-9000を×で押します。

④そうするとPCにつながるので、開いてISOファイルをPCに移動させてください。

⑤これであとはコピーされるのをまって入れば終了。

⑥後は起動するだけ。
お知らせ
次回プレゼント企画アンケート
プレゼント企画のためにMicro Ad広告をクリックお願いします。クリックが増えればより早くにみなさまの要望にお答えすることができます。
第二回プレゼント企画
PSP
カスタムファームウエア
Pandora's Battery
自作アプリ
プラグイン
自作ゲーム
エミュレータ
その他
管理人のおすすめ
PSPが変わる!!スキンシール
PSP本体一覧
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-3000PB)
ランキング
★僕のこれからにかけて一票★ にほんブログ村 ゲームブログへ
256
その他
 

PING送信プラス by SEO対策

  アクセスランキング ブログパーツ
RSS


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。